派遣社員の時給はアルバイトよりも高い理由

よく、アルバイトの人達よりも派遣社員で来ている人の方が時給が高い、ということがよくあります。

派遣社員の時給はアルバイトよりも高い理由

派遣社員の時給はアルバイトよりも高い理由

よく、アルバイトの人達よりも派遣社員で来ている人の方が時給が高い、ということがよくあります。皆同じような仕事をしているのに、どうして派遣社員の方が時給が高いのだろうと考えてしまいますが、そこにはきちんとした理由があります。簡単に言えば、アルバイトを雇用するよりも派遣社員を雇用した方が諸々のコストを抑えられる、という利点があります。その理由は、アルバイトを雇用しようとした場合、求人広告を出すための広告費や面接会などにおいて人件費がかかります。よって、雇用するまでの過程でお金がかかります。しかし、派遣社員の場合は派遣会社と契約をしているだけでそこから人が来ますので、広告費用などは発生しません。

また、派遣会社に登録している人はある程度派遣会社ならではノウハウを伝えている場合も多く、訓練を重ねた人も多くいます。なので、より優秀な人材を雇用出来る可能性も期待でき、結果的にアルバイトよりも派遣社員の時給を高くすることになります。雇用形態でこれだけの差があり、企業側のメリットが重視になってしまいますが、時給設定の裏側ではこのようなことが関係しています。なので、仕事を探す場合は自分に損のないような動き方で仕事を探してみてください。